ボールアニメ SHIMADZU BIOTECH
TOP ニュース 受託解析 バイオ機器/試薬 技術資料館 お問い合わせ サイトマップ
イベント

第75回日本生化学会大会
バイオインダストリーセミナー
10月15日、京都国際会議場、京都宝ヶ池プリンスホテルに於いて第75会日本生化学会大会が開催されました。島津BIOTECHは展示会場への出展、バイオインダストリーセミナーでの講演(10/15)を行いました。また、当社の田中耕一による特別講演(10/15)も急遽追加され、たいへん多くのみなさまにご来場いただきました。 ありがとうございました。 国際会議場
バイオインダストリーセミナー会場の国際会議場
 

バイオインダストリーセミナーは『プロテオーム解析の新展開―MSnへのチャレンジ―「レーザイオン化四重極イオントラップ−飛行時間型質量分析装置の開発」』テーマに、当社の田中耕一が講演いたしました。
主な内容として、MALDI-TOFMSの「原理」「本特長活用例」「プロテオーム応用例」「糖鎖構造解析応用例」の4つを中心に行いました。

簡単に講演内容をご紹介します。
田中耕一
講演を行う田中耕一
(SHIMADZU BIOTECH)
MALDI-TOFMSの原理
MALDIの原理については、「報道で有名になったので、やりやすくなった。」と言いながらも、代表的なMatrixについて「中学生にも分かりやすい」とマトリクス図を用いるなどして説明しました。
TOFMS(飛行時間形質量分析装置)については「特に注目していただきたいのは、どんな大きいイオンでも、小さいイオンでもイオン化すれば検出ができることと、イオンの発生から検出までが数十マイクロ秒であること。」とし、さらにはMALDIとTOFMSは互いの特長を高めあうという効果があり、親和性が高いことを説明しました。
さらに、QIT(Quadrupole Ion Trap、四重極型イオントラップ)でのMSnについても述べました。
・基本特長活用例
  田中自身が「ここからがみなさんの興味のあるところ」と述べ、実際に活用されている技術をご紹介しました。
アンジオテンシン II 100アトモル*を測定したMS/MS/MSのデータではこのように非常に微量な量でも、アミノ酸のシーケンス情報が得られたことを説明しました。ま た、プリカーサイオンで何が得られるのかということについてアンジオテンシンを例にあげて、従来より分解能が高いためにより多くの情報が得られるようになってきたことを紹介しました。
  *100アトモルは,1モルの1億分の1の,さらに1億分の1の微量な量
・プロテオーム応用例
  De-Novoシーケンスを得る方法について、比較的シンプルなLinear型装置(島津/KRATOSの従来機種)から、高機能な MSnを用いる方法(QIT)まで、それぞれのメリット、デメリットを説明し、MSnでは未知のシーケンスができると言う例を紹介しました。
・糖鎖構造解析応用例
  講演写真著名な先生方の論文を引用させていただきながら、田中自身のデータも提示して(写真)、MS5まで切った時、組成が同じで、配位が違うイオンを検出、QITを用いるとペプチドのシーケンスも、糖のシーケンスも、配位も分かることをご紹介しました。そして、「糖鎖構造を解析するというプロジェクトについて日本の研究は先進的で、この装置をタイムリーに出せることはうれしい。」とも述べておりました。
また、私見としながらもLCMSをオフラインで行う方法を説明し、新たな可能性を示しました。
 
講演後のディスカッションにおいて、ご参加頂いたみなさまからご質問やご指摘をいただきました。田中自身も「これからの開発のヒントを頂戴しました」と述べ、みなさまとの交流の機会ができたことを喜んでおりました。
 
  今回のセミナーでご来場いただいたにも関わらず、聴講いただけなかったみなさまにはお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。
島津BIOTECHでは今後も新しい技術、手法、アプリケーションなどを展示会やセミナー、Webなどを通じて、積極的にみなさまにご提供していきたいと考えております。今後とも何卒宜しくお願いいたします。
 
 
関連製品情報  
レーザーイオン化四重極イオントラップ飛行時間型質量分析装置 MALDI-TOFMS-QIT

第75回日本生化学会大会
10月15日(火)〜17日(木)まで、国際会議場・宝ヶ池プリンスホテルにて日本生化学会を開催されました。展示ブースでは、当セミナーの講師を務めさせていただいた田中自身が、現役で開発に携わった最新の質量分析計「AXIMA®-QIT」をはじめ当社製品をご紹介いたしました。ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。 展示会場写真

展示会での展示品などは予告無く変更する場合があります。
top of page
 TOP   ニュース   受託解析   バイオ機器・試薬   技術資料館   お問い合わせ   サイトマップ 

 島津製作所Webサイトへ
ご利用上の注意 Copyright表示